ポールウィンナー

20151101_202043

東日本の皆さまご存知ですか
伊藤ハムの創業者が開発して売り歩き関西人のソウルフードになった
ポールウインナーは92%が大阪、兵庫、京都で売れている
それを何かで知って以来気になっていたのです
箱根からこっちには魚肉ソーセージに押し返されて未だ進出できないそうです
北海道人の僕も一生知らずに死んでいくところでした

たまたま京都に行く機会があってコンビニにフツーに売っていたのを嬉々としてゲットしました

続きを読む

One day with the natto

R0010539

この夏も結構色んな行事に参加しました。
バーベキューあり、ビアガーデンあり、コンサート聴きに行ったり、演劇も見た。
しまいにはインド旅行までしました。
しばらく放置していたブログの話題には事欠きません。

なのに、なんで今、納豆?

続きを読む

ルートビア

沖縄では是非飲むべし

とお勧めがあったルートビア
帰り際だったので街中のA&Wには行けなく
空港でもちょっと見つけられなかったです

そこで、帰ってから「わした」をのぞいてみると
いきなり目の前にありました
店頭の自販機で120円で売ってました

もちろん購入してお持ち帰り

夜、高級ワインを飲んでいるときに思い出し
試しにちょっと飲んでみました

続きを読む

夏は来ぬ

吹き抜け

今年の札幌は、土日になると天気が崩れるというパターンがずっと続いていました。
それだけが理由ではないけれど、バイクの初乗りができなかったのですよ。
一度、曇りの間を突いて、積丹へ遠征しようと試みましたが、札幌の中心部で雨に降られてしまいました。
行く先の、西の空を見遣ると暗雲が立ち込めています。
気持ちが折れて、引き返してしまいました。

続きを読む

サラミストへ

サラミ愛好者の皆様

日本の味覚界最後の秘境であるサラミ。
どうして皆様こんな至高の食品を知らずに一生を終えようとするのか理解に苦しむ私です。
まあ、チーズとかビールとかハムとか徐々に本物を知る人々が増えてきたとは思うのですが、まだまだ世界は広いんです。
これほど、ヨーロッパ中で普遍の食文化となっているのにも関わらず、日本であまり話題にされない食材は他に知りません。
と、20年ぐらい前から言っているのに、もー(笑)

で、サラミの調達は海外旅行か、デパートのイタリアンフェアとかでお茶を濁していたのです。唯一丸井さんでドイツメーカーのをたまに買うしかなかったのです。
大分以前に今は亡き雪印が作ったサラミが三越で売っていました。
でもはっきり言ってモヒトツ二つでした。
日本ではシチめんどくさい本物のサラミは作られないとあきらめていました。

それが奥さん。
たまたまこの間丸井さんのショップに行ったら、あの函館のカールレイモンが作ったというサラミが売っていたので、ダメ元で買ったのです。
したっけ、びっくり。ウソッって感じですよ。
全く、ヨーロッパのサラミのレベルでした。
塩加減というか、発酵臭というかレベル高いです。
初めて日本産のサラミに出会った。感激でした。

札幌近郊の方は、大通りオーロラタウンのマルイショップにあります。一本1900円。
限定生産と書いてたのでお早めに。

ゆきプリン

札幌の大丸デパ地下でいつも行列が出来ていて、すぐ売り切れるし、気になっていたのです。
先日珍しく、誰も並んでもいず、まだ残っていたので、買ってみました。
それは、北菓楼の「Cカップ ゆきプリン

未修理テッサー50mm

ミルクプリンにシフォンケーキが入っていて、ふわふわのクリームチーズで覆われています。
見た目の姿がいいよね。北海道らしい。
良くかき混ぜて食べると美味しいというので、ビビンバのようにグチャグチャにして食べてみました。

影の扱いが課題です

結論、んー、かき混ぜなくてもいいかも。
クリームチーズの風味と、プリンのなめらかさ。そこへもってシフォンケーキが食感の変化をもたらし、いいバランスでした。行列するのも分かるな。
牛乳のフレッシュさとか、チーズの風味とか、自然食材っぽいテイストがかなり前面に出ています。健康的な印象でした。
(大人の味好みの僕のようなタイプには、ちょっと路線が違うかな)
大丸限定なので、近くの方は足を運んでみては。

Don’t think. Feel!

朝ローカルTV番組を流し見してたら、マカロンの美味しい店という情報が目に入った。
早速チェックして、後日行ってきた。

田舎風フランス菓子「レ・リシェス」
(札幌市清田区平岡公園東5-1)

アットホームな店内にカワイイ売り子さん。
ありました、カラフルなマカロン。
フィグ(無花果)とピスターシュ(ピスタチオ)を買ってみた。

ライティング失敗

マカロンて、こういうものだったのか、と断然ナットクの味でした。
外はカリカリ中はしっとり、アーモンドの香り。甘さも上品。
比較できるような経験はないけれど、かなり高水準だと確信できました。

ケーキも買ってみた。
ムースオショコラエフランボワーズ

ピント失敗

これまたフランボワーズジャムの酸味とチョコの苦み、押さえた甘さが絶妙のハーモニー。
確かに田舎風と言うだけあって、洋酒を効かせたり都会的なテイストではないけれど、バランスが極致。

この店、お薦めです。

Pages: 1 2 Next