夏の果てに函館 4

マンボウの夢

朝、夢から眼をさますと、自分が巨大なマンボウに変わっているのを発見しました。

いや、はっと気づくと、服のままベッドの上に倒れていたのでした。
苦しそうに唸り声を上げているHを叩き起こし、すぐに出発です。
もう9時過ぎだから札幌に着くのは夕方、そんなにゆっくりもできません。
今日もいい天気だ。

まずは朝食。
せっかくなので、朝市に行ってみました。
函館駅からすぐの場所です。

続きを読む

夏の果てに函館 3

夜毎の祝祭

ホテルは函館駅から5分のビジネスホテルです。安い分かなり年季が入っています。
バイク置場の地下駐車場まで案内してくれたフロントのおっちゃんが、自分もライダーだとカミングアウトしてきました。2代目のZZR1100を新車時から所有しているとか。ホテル業界なので、夏のシーズンにツーリングに行けないのが悩みとか。
ライダー仲間だし、駐車料金を負けてくれるかと思ったら、しっかり1台300円とられました。

シャワーを浴び、安着祝いの缶ビールを飲んで一息つきました。
さて、夕食に繰り出しますか。
Hはとにかくイカソーメンが食べたいと言い張ります。
フロントで先程のライダーおじさんに聞くと、近くにイカを食わせる飲み屋街があると言い、地図を書いてくれました。

まだ昼間の熱が冷めない道を、案内図に従って歩いていきます。
丁度いい気温です。そよ風がいい感じ。

続きを読む

夏の果てに函館 2

赤い屋根

長万部から函館までの、ある種難関は、静狩峠です。
いえ、峠自体はたいしたことないのですが、必ずといっていいほど、公的権力発動可能な車両が待機しているのです。
たから、というわけではありませんが、法定速度を遵守して走っていたら、渋滞の先頭になってしまいました。
なんか、後続車が苛ついているのをヒシヒシと感じて、余りいい気持ちではありませんね。
結局、ツートンカラーの車はいませんでした。
ホッとして、アクセルを捻ろうとしたら、イター。

続きを読む

夏の果てに函館 1

どこでしょう

多分、今年の夏の終わりだと思いました。
雨続きの後、夏のにおいが残る土曜、秋の気配の日曜、そんな予報でした。

だから、友人Hを誘ってツーリングに行ってきました。

行き先は?
一人ならストイックな道東に行こうと思っていました。
でも、Hも僕にも縁の地である、函館に決めました。

朝9時集合!

続きを読む

ラストラン2006

ルソー的情景

10月28日

今年は緩い日が続き、もうしばらくバイクには乗れそうだ。
しかし残念ながら、仕事の呪縛により、僕にとってはラストランになるだろう。

今回は友人Hと示し合わせて室蘭に向かう。
理由の一つは、交通実験とかで、千歳から室蘭まで高速道路が半額になるからだ。

気持ちよく晴れた晩秋の空を背負いながら、僕らのバイクは快走する。
千歳から予定通り道央自動車道に乗る。

続きを読む