極北へ 3

赤い屋根

後は一路平安帰郷するだけ。
もう2時を回っている。明るいうちにたどり着けるだろうか。

音威子府あたりの山中で、古い民家を見かける。
通り過ぎてしばらく後、後ろ髪を引かれて引き返す。
看板のかすれた文字によれば燃料店だったようだ。
沢山の物語を秘めているような美しさ。
嬉しい気分で、山道を抜ける。

続きを読む

極北へ 1

時計回り

7月9日。
この日は僕にとって意味のある日付だったのです。
それを記念して、日本最北の地へツーリングしました。

出発時刻 6:16
到着時刻 18.51
所要時間 12:35

距離 702km
沿面距離 738km

経路の色は速度を表してます。青が安全運転、黄色がノーマル、赤がちょっとヤンチャ走りね。
(もちろん全て遵法運転ですから)
今回はとにかく走り中心で行きました。写真とか観光とかは二の次三の次で。
さあ、早起きしてGo! きもちいいいい!!

続く

オホーツクの海を見たかった

sensual pleasure

後期三連休、初日の朝は雨交じりだったので大人しくしていた。
午後から雨も止んだので、バイクを洗車し東北ツーリングの垢を落としてやった。ついでにチェーンの清掃注油も初めてしてみる。
翌日は好天。東北でブユに刺された腕の痒さに耐えながら、昼頃までパソコンで写真整理などしていたが、好天にじっとしておれず、キャンプ道具をそのまま積んで飛び出した。
だって、北海道のバイクシーズンはあと1ヵ月余り。今行かないでいつ行く。

頭に浮かんだのは、オホーツクの海岸。
浜頓別から紋別あたりまでのラインは車でも走ったことはないのだ。
北海道のその他の海岸線は一応全部走っているから、そこを繋げば、北海道一周完成となるのだ。
道の駅のスタンプラリーを制覇するためにも前から行こうと思っていた。でもスタンプ帳を青森のフェリー乗り場に忘れてしまったので、その目的は消滅した。
しかし、未踏の道を走りたい気持ちは衰えない。
よし、そっちに行こう。

続きを読む

夏を惜しむ

海が見えるよ

今日も慣らし運転。友人Hを誘って北へ向かいました。
Hのバイクは日本の名車CB400SF、400cc。僕のは隠れた名車ZR-7S、一応ナナハンです。なのにHの方が値段が高い。
早起きして朝8時に集合。爽やかな日差しの中、気持ちよく走り出しました。

続きを読む