セブン どう?

はい
体感的な印象としては、起動終了等が早いですね。
軽いというか。
ただ、エクスプローラーとかはワンテンポ遅い気もするし、微妙ですね。

徐々にアプリも再インストールしていますが、今のところ不具合はありません。
VISTAで動いていたものは基本的にダイジョブみたいです。
メーカーサイトでもいち早く7対応のドライバ等を提供していました。
たとえばローランドのUSBサウンド機器も最初全然反応しませんでいたが、サイトから対応ドライバをインストールしたら、いい音で鳴いてくれました。

当面vista環境も残しておこうかと考えていました。
しかし、vistaのシステムドライブとデータドライブが同じ300GBのHDDだったので、以前からRAIDを考えていたのです。
なので、この機会にデータを一旦退避し、Windows 7 のソフトウェアでRAID1化しました。
マザーボードでもハードRAIDを作れましたけれど、将来の互換性を考えたり、それほど性能差はないという雑誌レポートも記憶にあったのでソフトを選択。

今まで、バックアップソフトで1ドライブを専用にして保存してましたけれど、これで大丈夫ですよね。
ちょっと不安は残りますけどさ。
基本的に、すべてのデータを失ってもいい、という武士的覚悟はしてますから、いいんです(笑)

とりあえず、セブン、色々楽しい改善点もあるし、何よりこの軽さはお勧めですぜ。

ps
32bitから64bitへのアップデードはできないので、どっちみちクリーンインストールしかなかったみたいです。

ps2
記事とは無関係の話。
台湾旅行記の写真、単純にリサイズすればすぐできるのですが、やはり調整したい、でも面倒、で停滞してるんです。
年内アップをめどに・・・がんばります。
札幌市の中心部にエゾシカが乱入したというニュースを見て、台湾のあの街を思い出したのですよ。
Nさん見てる?

セブン 経過

何とか戻ってきましたー。

といっても、これはまだVISTAからなんです。

昨夜の移行作業をレポートしますと、
まずHD装着。
ところが、sATAのケーブルを買うのを忘れたため、既存HDを一つ休止して順送りしました。
なにせ、これで内蔵HD4台、外付け4台ですからね。ビッチビチです。放熱対策も何もあったもんじゃありません。

そして、この際だからと、メモリも少し増設しました。
32ビット版ではどうせ認識しないからと、机に死蔵していたものを生かそうと。

そして、おもむろにインストール開始!

すると、あっという間にハード的なエラーメッセージ。
バイオスアップデートとか色々やっても結局ダメでした。

この環境からVISTAではちゃんと起動するから変だと思いつつ、長年の経験では、薄々メモリのせいかなと直観しました。
しかし、この辺で、深夜プラスα、体力の限界っ、諦めて爆睡しました。

本日は、所用で出かけたついでにsATAケーブルも購入し、午後から、再チャレンジ。

結果、メモリの増設分を外してトライしたら、あっさりインストール完了しました。

windows7は、ちょっといじった感じ、体感的には今までよりサクサク動くよう気がしましたね。

しかし、クリーンインストールなので、現在VISTA環境下から転送ツールで移行を図っている最中です。
あと18時間以上かかると言ってます。

なんせ、初の64bitなので、互換性がどれほどなのかが気になりますね。

使用感は、追々レポートします。

セブン

windows7 ゲットしました。
vistaも快適に動いていたので、特にOS変更の必要を感じたわけでもないのですが。
単に新しもの好きの好奇心ですね。

購入したのは、Ultimate の 64bit DSP版です。

最初ツクモとドスパラに行ったら、両店ともその版は深夜販売で売り切れたとのこと。
残念。まあ急ぐわけでもなし、また今度にしよう。
そう思ってついでに大手ヨドバシを覗いたら、大々的な通常版やアップグレード版の販売を横目に、PCパーツコーナーにちゃんとDSP版もあるじゃないですか。
聞くと在庫もありました。
ポイント還元を加味してもツクモよりちょっと高かったですが、大人だからいいや、と買っちゃいました。
ハードは、この際クリーンインストールすることにしたので、1TBのHDDを選択しました。

さて、これから移行作業始めます。
しばしお別れです。

行ってきます。 ;-)

迷走の果て 中入り

魔のマザーボードに魅入られたように、次々とハードを買わされて、一応の装備は整ったはずでした。
しかし、しばらくすると、ソフトウェアの挙動がおかしくなったり、「深刻なエラー」が発生して突然電源が落ちたり、ネットのエラーが頻発したり、といった細々とした不調が頻発するのです。
やはり、安いのには理由があるんですね。メーカーサイトでもすでにこのボードは見捨てられていて、BIOSのアップデートも止まっているため、一々その原因などをネットで調べては首をひねる日々が続きました。
不調はだんだんひどくなっていき、一時的に安定期があっても、マウスの動きとか、ちょっとした拍子でハングアップするので、恐る恐る操作しなければならず、憂鬱な気持ちでした。

続きを読む

迷走の果て 第2ステージ

このマザーボードは、新CPUのCoa2Duoには対応していません。メモリも一世代前のDDRのみ対応。
なのに、なぜこんな中途半端なボードを買ったのでしょうか。
それは、ひとえに安かったからですが、背景として現行マシンのハード、BIOSの不安定さを、マザー交換で解消出来ると思ったからです。
目論見ではグラフィックボード以外の部品は流用できるはずでしたが、ごらんの通り次々と部品を買わざるを得ず、深みに嵌っていきました。
登山家は頂上を目の前にして撤退する勇気が必要と言います。僕にそれがあったら、すぐに引き返していたのになあ。

続きを読む

迷走の果て 第1ステージ

昨年暮れから、更新数がガッタリ落ちた原因の一つは、PCが不安定だったからです。
その様子を備忘録的にお話ししましょう。

ある日ビックカメラにiPOD nano用のケースを物色しに行きました。まあまあ気に入ったものがあったのでゲットし、そのついでに他の売り場も見てたのです。
自作PCのパーツ売り場でワゴンセールのコーナーがあり一応チェックすると、格安のマザーボードがありました。Albatronという聞いたことのないメーカーのもので、確か3,980円。
そんな物に目をとめたのが、未だに続く負の連鎖の始まりだったのですね。今思うと。

続きを読む