秋のソナチネ

秋の日のヴィオロンの溜息の

劇団TPS公演「秋のソナチネ」を観に行った。
前回のオリジナル「春の夜想曲」は唯一行けた日に当日券が売り切れていて見逃してしまった。だから今回は前売りをちゃんと買った。
冬のにおいがする公園沿いの道から小劇場の狭い階段を降りる。

(以下ネタバレ含む)

続きを読む

三人姉妹

初夏幻想

劇団TPSの公演「ポーリュシカ・ポーレ〜2007年の三人姉妹」を観た。

前回の「虹と雪のバラード」は時間がとれなくて行けなかった。
今回は、人材育成事業とかで、若手の育成が目的らしい。だから入場料も安い。
しかし、チェーホフの三人姉妹という演目に興味はあって、見に行ったのだ。
つーか、地元劇団TPSを応援しているから、時間がとれればできるだけ行くというスタンス。

続きを読む

亀もしくは・・・。

20051108-IMGP3358.jpg

劇団TPSの「亀もしくは」を見てきた。
今回は同好メンバーが3名となった。早めに劇場に向かう。
席を確保して、ロビーを見学。ハンガリー公演の写真や記事などが展示され、ハンガリー土産のワインもグラス売りしている。
早速トカイワインを試してみる。トカイは初めてだったが、予想よりも甘さがきつくなく、果実味が豊富で、とても美味しかった。さすが本場だ。

幕が開く。

続きを読む

長屋紳士録 (東京乾電池公演)

バルトークな夜

東京乾電池の長屋紳士録をみた。
いつものシアターZOOという小劇場。TPS以外の演劇は初めて見た。誰でも知っているビッグネームの柄本明演出。しかも大ファンの小津作品の舞台化。これを見逃すわけにはいかない。

いつも後ろの方の椅子席に座るのだが、今日は埋まっており、前から三列目の座布団席に身体を折り曲げて座る。
演目のせいか、結構年配の人もいる。ほぼ満席となり、いよいよ開幕。

続きを読む

リリオム

懺悔の心象

劇団TPSの「リリオム」を見た。
いやー面白かった。
昨年の「冬のバイエル」以来、生芝居は2回目の体験。
会場は中島公園近くのマンション地下を改造した劇場。
今日も、吹き付ける雪が公園の樹木を白色のフラクタルに変容させていた。

「リリオム」は20世紀初頭のハンガリーの作家モルナールの戯曲。
演出はTPSの女優でもある宮田圭子さん。初演出という。

会場は満員(と言っても90席)。
何の前触れも無しに、黒いコートの語り部3人が登場し、語る代わりにベース、バイオリン、ビオラで下手な演奏が始まる。

以下、内容含む。

続きを読む

ラーメンズライブ 「アリス」

凝視

ラーメンズ 第15回公演 「アリス ALICE THE BOX FILLED WITH LAUGH」 に行って来た。
昨年初めて行ってすっかりはまってしまい、絶対毎回見ると決意したんだ。
と言うワリには、今回教えてもらって慌てて買いに走った。
東京ではプラチナチケットらしいが、ここ札幌では直前までTVスポット宣伝してたから、温度差はあるのかな。
それでも、土曜のチクルスの会場は空き席が見あたらない、リアル満員だった。
客層はまたしても2.30歳代中心。女多し。僕は後ろの方の席だったが、ハゲ、白髪ゼロ、茶髪3割。ひょっとして男では僕が最高齢かも。ご同輩の中高年男性諸君、先が短い分もっとジンセイを楽しんではどうか。

公演は大大満足。笑ったし、刺激されたし、ますますファン化した。
お笑いと、演劇の間と評されるけれど、僕にはどうしても演劇寄りに感じてしまう。そういわれるのは、多分最近のお笑い(コント)が演劇的だからかも知れない。
僕はどうしてもイッセー尾形と比較してしまう。イッセーの方がよりストレートで緊密な演劇空間。ラーメンズはもっとユルくて感覚的。同じ方向を向いてるくせに照れているというか。一人と二人の表現の違いもあるし。一度整理して考えてみたい。

ネタは前回が実験的だったのに比べ、分かりやすく笑えるものだった。芸人としての揺り戻しなのかなと思った。
後ろの席に座った女子グループと、僕の笑いのツボが明らかに食い違っていた。
つまり、大衆ウケもきっちり押さえつつ、マニア心もくすぐるという、完成度の高さ。
爆笑オンバト時代から見込んだだけある、とファン心理。

今度は仲間も加えた新ユニットの公演を企画してるらしい。当然見に行くから。

以下完全ネタバレ覚え書き。

続きを読む

Pages: 1 2 Next