アモーレアモイ 4

_IGP3153

出発から台北宿泊アモイ異動そして前日の土楼観光
ここで一旦身体バッテリーが放電した
ダラダラ眠ったり目が覚めたりしながら充電し結局11時ごろに起床した
無理せずこんな日を挟めるのが自由旅行のいいところだ
まあ今日は厦門という街をブラブラ探索しようと思っているから急ぎはしないのだ

続きを読む

アモーレアモイ 3

ようやく厦門に到着し翌日土楼観光しようと決めたところまでだった

さて3日目の朝ツアーは朝7時半ごろ出発らしいので早起きしてタクシーで行く
外に出るとやはりソボソボ雨が降っている
すぐに流しのタクシーがつかまった
行先は予め用意したメモを見せる
漢字圏に行くときはメモ用紙と筆記具は必須だ
日本人のメリットだ
簡体字とか用語の違いはすぐに分かってくる
タクシー料金は安い
早朝料金込みで13元(260円)だった

続きを読む

ポールウィンナー

20151101_202043

東日本の皆さまご存知ですか
伊藤ハムの創業者が開発して売り歩き関西人のソウルフードになった
ポールウインナーは92%が大阪、兵庫、京都で売れている
それを何かで知って以来気になっていたのです
箱根からこっちには魚肉ソーセージに押し返されて未だ進出できないそうです
北海道人の僕も一生知らずに死んでいくところでした

たまたま京都に行く機会があってコンビニにフツーに売っていたのを嬉々としてゲットしました

続きを読む

アモーレアモイ 2

二日かけて中国のアモイに辿り着いたところまでだった

厦門の呼び方は日本など一部ではこの地方の方言から来たアモイとして知られるが中国語ではシアメンと呼ばれる
現地ではこのバスアモイ行き?など思わず使っても全然通じずシアメン?というとすぐに分かってくれた
人口350万人の経済特区で華僑発祥の地
その中心街は歩行者天国の中山歩行街
そこから一本脇の道に面するホテルで僕はビールを飲みつつ今後の予定を考えている

続きを読む

アモーレアモイ 1

千歳―台北―厦門
まずどうして厦門なんて行くことにしたのか
モロッコから帰ってきて旅ロスの最中ふと気がついた
目の前にシルバーウィークがあるじゃないの
黙って5連休だし頑張れば9連休とな
でももう遅いわと思いつつ一応ネットで航空券を見てみた
すると台北往復で3万円台の券があるよ
次の旅行は早くて正月かなと考えていたので比較検討してみる
正月は近いところでも10万円前後かかるし休みもタイトだ
だったら前倒しして行こう
そう決めた
ただ台湾も今度は4回目だし1週間何しようか

続きを読む

モロッコ諸々 その6 青の街

8時発のバスでシャウエンに向かう
フェズから4時間かかる
料金は片道80DHだから千円ぐらい
これは日本からネット予約が出来た
出発時間まで軽食をとる
焼き立てクロワッサンの香り
ミントティーの甘さと爽やかな後味
ようやく目が覚めた

続きを読む

モロッコ諸々 その5 フェズへ

今日はフェズに鉄道で移動する
マラケシュとフェズはカサブランカを頂点とする二等辺三角形の両角にある
今日乗る路線はだから直接フェズまでショートカットするものだと漠然と思っていた
しかし一旦カサブランカに戻ってから向かうようだ
飛行機の路線も概ねカサブランカがハブになっている
ともあれ列車では8時間もかかるのだ
料金は一等で295DH(3800円)2等なら195DH(2500円)

続きを読む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 76 77 78 Next