ジンギスカン鍋博物館と雨の白鳥

imgp5094先日念願のジンギスカン鍋博物館に行ってきました

(名義)学芸員として当然見ておかなくてはと思っていたのです
岩見沢からさらに山深くに分け入る万字地区にあるのでなかなか機会がなかったのです

imgp5091
imgp5098 imgp5099
博物館は館長のMさんの実家です
元商店の店舗部分にズラリと並んだ鍋には圧倒されました
数の力というのはやはりありますね
そして本格的な研究成果がその背景にあり見た目以上のA級の館だと誇りに思います
車で連れて行ってくれた友人Hとともに還暦三猿の再集合で楽しい時間を過ごしました
万字は今でこそ限界集落の様相ですが一昔前は炭鉱の町として栄え鉄道も走っていたらしいです
あたりの風景を眺めて
「ここを荒くれ者たちが闊歩してたんだねえ」と言うと
「荒くれ者じゃないよ皆優しかったよ」と生まれ育った館長に窘められたのでした

imgp5119

さてまだ時間も早いしどこへ行こうか
僕もなんだか故郷の道南の空気が吸いたいな
Hは最近白鳥をみて感激したというので苫小牧のポロト湖にでも行ってみるかとなりました
南下していくと植生が緩く丸くなっていきます
ああこのほどけた感じは道南だなあといつも思います
逆に札幌に戻ると木々がトゲトゲして白樺なども混じり厳しい土地だなあと感じます
ポロト湖への白鳥の飛来はまだ先ですが年中何羽か生息しているらしいです
いましたいました
雨の中優雅に首を伸ばす姿はやはり美しかったです

imgp5125

imgp5137

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.