札響定期

p1010090

先日久しぶりに札響の定期に行きました
ポンマー指揮によるモーツアルトのレクイエムがお目当てです

さてメインのモツレクですが札響合唱団が頑張りすぎて小編成のオケが沈んでしまった感じでした
もしかしたら奮発して前の席を取ったせいかもしれませんがね
ただ専属のプロだけあって流石に上手いです
ポンマーの解釈は速いテンポですっきりした演奏でした
声部やフレーズの分離が際立っていて曲の構造が浮かび上がります
因みに今のところモツレクのマイベストはコルボの演奏です

前半の最後にはオルガン独奏がありました
曲はレーガーの序奏とパッサカリア ニ短調
演奏者の室住素子さんのプロフィルを見ると室蘭出身で室蘭栄高校卒業
僕と同じだ
ただしそれ以降彼女は東大から東京芸大へと大きく分岐してしまったけれどね
同郷者だから応援しよう

後からこの演奏会の白眉と思ったのは最初の曲
同じくレーガーのモーツアルトの主題による変奏曲とフーガです
テーマがモーツアルトのトルコ行進曲付きソナタ1楽章のドーレドーミーミというアレなんです
初めて聞く曲だったのでこのピュアな主題にどんな味付けをしていくんだろうとワクワクしながら聞き出しました
最初はあまり原曲を壊さない感じだったのですが次第にレーガー独特の和声が複雑に絡みだしテーマも変容していきました
最後のフーガになりアレ?これって主題との関連はどこにあるのかなと展開を追っているとクライマックスでテーマが被さりああそういうことかと分かった途端にブワッと鳥肌が立ちました
相当の難曲でしょうに札響の演奏も素晴らしかったです

演奏会の最後何度も呼び出されたポンマーさん
鳴りやまぬ拍手を背に札響や合唱団の人たちを暫く愛おしむように眺めていたのが印象的でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.