アモーレアモイ 6 さらば厦門 台北へ

20150923_194411

昨夜買い物を済ませた後海沿いに行ってみた
地元用フェリー乗り場を中心に大勢の人たちが夕涼みを楽しんでいる
黒々とした海を隔てて目と鼻の先にコロンス島の夜景が浮かんでいる
あそこが日光岩だあれが鄭成功か
ライトアップされた名所が海面に揺れていた

海辺に渡る地下歩道も賑わっていた
商店街の喧騒は毎晩続いていた
この手の繁華街にありがちな物騒な雰囲気は全く感じなかった
観光地としてまだピュアなところが残っているのだろう

20150923_194125 20150922_201654

そして今は早朝チェックアウト後スーツケースを転がしながら中山歩行街を歩いている
視線の先にはコロンス島が朝の光の中に浮かんでいる
いい旅だったな

_IGP3769

空港行きのバス乗り場はおそらく降車地点の春光飯店前だろう
なにせネットにも詳しい情報がほとんどないのだ
それらしき建物に入ると奥まった場所にカウンターがあり券が買えた
10元だ

バスは見覚えのある町並みを走り抜けて空港へ向かう
さらばアモイ
もう来ることはないだろうか

_IGP3774 _IGP3777

アモイ空港はまだ朝早いので閑散としている
朝飯に麺をすすって時間を潰しやがて機上の人になる

_IGP3783 _IGP3788

1時間で台湾の桃園空港だ

空港Wi-Fiがつながり膨大なGメールが着信する
中国のネット制限から開放されたことを実感する

台北市内のホテルに向かう
前も書いたが台北のホテルは高いし一人だからドミトリにした
台北駅から徒歩5分で4千円以下
ドミトリというよりカプセルホテルだ
マットレスを敷いた大きめの棺桶という感じで一方がカーテンとなっている
清潔だし寝心地もよく問題なしだ
ただ同室者の苦しげな息がフガーフガーとウルサかった
チラッと姿を見るとゲームに熱中する中国系若者だ
そして思った
もっと痩せなさい

_IGP3867 _IGP3791

夕刻になり台北に来たからには踏んでおきたい場所に赴く
それは故宮博物院ではなく士林夜市
あの熱気を浴びなければ台北に来た気がしない

駅に降り立ち人込みを掻き分けて散策する
相変わらずだ

_IGP3797 _IGP3804 _IGP3802 _IGP3810

どこかで晩飯にしようと物色する
相当外れの喧騒が一段落したあたりに良さげな店があった
屋外のテーブルに陣取る
なぜ良さげかというと通りの向かいで生ビールを売っていたからだ
夜市の店では基本的にお酒は置いていない
だからコンビニで缶ビールを買ってきて飲むという技を最近覚えた
持ち込みは自由だ
そう思っていたら目ざとく生ビールの文字を発見して小躍りしたのだ
エビチャーハンやスープを注文し生ビールを買ってきて安着祝いと決め込む
まだ汗ばむほどの気温だ
冷えたビールで心の火照りも落ち着く

_IGP3823 _IGP3824

_IGP3844

ここまで人工添加物無しを主張されると他は?ってなるよ

_IGP3831

10年以上前に旅友Nさんと小籠包を食べたところ 平野レミ似のおばさんの屋台も今はない

_IGP3837

ここもその時食べた鍋の店 すっかり様変わりしてる

行列ができている店があった
胡椒餅だとさ
何だろう
肉饅のようなものを釜の内側で焼いている
とりあえず並んで1個買う

_IGP3814 _IGP3856 _IGP3850 _IGP3835

ホテルで食べてみると思ったとおり皮の厚い肉饅を焼いたものだった
具材は胡椒や醤が効いてモッチリで皮はバリッとした焼き目がついて香ばしくとても美味だった
並ぶのもわかる

Copy of 20150924_225528

今日は移動で疲れた
早めに横になる
はーはー苦しげに呼吸するゲーマーの息遣いもビールの酔いで遠のいていく
明日はこの旅最後の企画が待っている

アモーレアモイ 6 さらば厦門 台北へ” への6件のコメント

  1. 初めまして。アモーレアモイ、とても読みごたえがありました。
    4月30日から5泊でアモイに行く予定です。「歩き方」も買いましたが、情報が少なく、検索していて出会えました。とても参考になりました。空港での両替がドルしかやれないとか、銀行でも、まず円をドルにかえてからとか、カードが飲み込まれるAТМ等、不安な情報も見てしまい、すごく心配なときに、拝見することができて幸いです。ありがとうございます。錦江之星 厦門大学に予約をしていて、後は保証金がいくらなのかが心配です。

  2. せんべいさん初めまして
    コメントありがとうございます

    旅行記の最初の方はまだ写真入れてないので読み辛かったでしょう
    両替は普通に日本円で出来ましたがATMは使ってないので分かりません
    その他疑問点とかあったら何でもここで聞いてくださいね

    アモイ良いところでした
    みんな親切で街も魅力的だし
    是非コロンス島にも行ってみて下さい
    旅行楽しみですね!

    ところで保証金て何でしょう
    そんなの取られなかったけどな

  3. ありがとうございます。
    保証金は「押金」といわれていて、部屋に何かあったら、ここからとられます。何もなければ戻ります。先日は日本で支払い済でも、1泊530元 5泊したら(500×6)3000元でした。カード払いでチェックアウト時にキャンセルされました。カードキーの押金だけの時は200元くらいだったりします。宿泊費合計+1泊分とか様々らしく個人だと発生するようです。1泊だったからか無いときもありました。15年位前までは言われたことありませんでしたが。
    心配過ぎて今電話して確認したところ100元だそうで安心しました。
    電話の感じも優しく答えてくれてアモイへの期待も高まりました。
    またアドバイスお願いするかもしれません。
    最近、行く前の不安が結構大きく、困りものです。

  4. そうかデポジットですね
    僕が泊まったのは安ホテルだったので現金前払いのみでした
    クレジットの空票を切られたときはチェックアウト時に処分を確認するのが吉ですね
    行ってしまえば何とかなりますよ
    きっと楽しい旅になるでしょう !

  5. おかげ様で無事戻れました。今は懐かしく写真を拝見しながら再読させていただきました。宿を途中で替わったり(道路工事のため)予想外のこともありましたが、かえって見たかったものがみられたり、結果的には良かったみたいです。
    コロンス島、8時前の船にスムーズに乗れました。あの直角のピアノは実用品なのでしょうか。聞けばよかったのですが、暑さのため、「これこれ」と見たことに満足して出てしまいました。
    南普陀寺の裏山からの眺めも素敵でした。日光岩の方が少し楽に登れましたが、人がすごくて、頂上が満員でした。
    好きになった土笋凍はお店により、タレや具の有無が違いますし、これを食べにまた厦門に行ってしまうかもしれません。
    いろいろありがとうございました。

  6. おかえりなさい
    楽しんだようですね

    直角ピアノ
    腕をクロスさせたら弾けるかも
    でも角の部分は無理です笑

    土笋凍は行った時は知らなくてスルーしてしまいました
    そんなに美味しいんだ
    カンボジアでコオロギを食べた身としてはぜひトライしたかったな
    僕も土笋凍を食べに再訪したいです

    少しでもお役に立てたなら嬉しいです

    また良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.