リリイ・シュシュのすべて

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]
ビクターエンタテインメント (2002-06-28)
売り上げランキング: 46,357

胸くそが悪くなる映画だった

中坊の幼稚な精神性
暴力に酔った狭い階級社会
大人への蔑視
陳腐な問題意識
どこかで見たような設定
ヌーベルバーグとか藤子不二雄とかチャン・イーモウとか
随所に挿入されるテキストもありきたりだ
どうしても許せないのは、誰にも救いの手が差しのべられないことだ
絶望が放り出されている

僕はネガティブなレビューはしないようにしている
そういうの見たときはスルーが基本だ
だって、素人が貶したって結局個人の嗜好だから
背中は押したいけど、袖は引きたくない

でもあえてこの作品のことは書こうと思った
どうしてだろう
画面だとかカメラの芸術性は岩井作品なら当然だ
自分の後ろめたさを抉られるのかな
きっとドビュッシーの音楽のせいだ
それだけだ
本当にそれだけだ

My評価:★☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.