五月の喪失

蘭に住む鳥

五月はついに一度も更新できませんでした。
五月は王様も忙しいのだ。
ではなく、主な原因はまたしてもPC不調です。

今度はMyDocumentなどを置いている大事なディスクにアクセスできなくなってしまったのです。
データ保護のためWindows上でRAID1を組んでいたので、ダイナミックディスクにしていました。
そのためなおさら修復が難しくなり、結局RAIDの意味もなかったです。しくしく。
ネット情報などを探し色々やってみましたが、どうしても修復できませんでした。
とにかくデータを救い出さなくてはと、色々なディスク復元ソフトを試してみました。
すると、唯一HDDの中身が見れたのはある市販ソフトの体験版でした。ただ、値段が9千円近くします。
迷いました。
しかし、写真や音楽などバックアップしてないものも多数あり、諦めるには忍びないデータなのです。
涙をのんで正規版をダウンロードし、9千円と引き換えにシリアル番号をもらいました。
そうやってすべてのデータを別のHDDに救い出すことができたのです。

しかし、どうして次々とHDDが壊れていくのだろうと首をひねりました。
マザーボードが不安定だからではないか。
以前マザーボードが壊れたと思って今のものに変えたのですが、原因はMBではなかったのです。
それで前の定番MBに戻せば安定するのではないかと。

こうやって泥沼に嵌っていくのですね。

何とかMBを交換し、電源ON。
おー、ちゃんと起動したぜ。
喜んでしばらく使っていると、プツンと電源が落ちます。
思い当たる節が。
CPUとFANの間に塗るシリコングリスが付け替え時に少なくなったのを無視したのです。
CPUが熱くなりすぎたのでしょう。
買ってきてたっぷり塗ると案の定治りました。

これで全面解決と思いきや、その後もHDDが突然消えたり、挙動不審な現象が多発しました。
せっかく記事を書いたりしても、いつデータがとんでしまうかわからないので、全然作業する気がおきません。

そうこうするうち既に5月も終わりかけていました。

もーいいや。
と諦めかけたある日、突然電源まで入らなくなりました。
逝っちゃったみたいです。

そこで、膝を叩きました。
もしかして、電源がヘロヘロだったことが全ての原因だったのではないか。
電源はケースについてきた400Wのもので、容量は足りていたはずですが、ちゃんと供給されていなかったのかも。

早速500Wの電源を買ってきて付け替えました。
すると、なんと快調なことか。
ようやく安定して落ち着いた日々が訪れました。

そして気が付いたらもう6月だった、というわけです。

五月の喪失” への2件のコメント

  1. 電力不足は気がつきにくいでしょうねえ。
    かつての、自機の不調ももしかしたら、電源に問題があったのかも・・・

  2. >tonamiさん

    ですよねー
    電源もピンキリなんですが、Bull-MAXという520Wで3980円の安いのにしました。
    それでも、すっかり安定しています。以前壊れたと思ってたHDDも復活してます。
    やっぱり土台が大事なんですね。

    ps
    皆様、何の写真だか分かりましたか。
    家にあった蘭の花を繁々と観察していたら、中心部分に鳥のような愛らしい花弁?を発見したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.